ホーム > 企業情報 > 会社沿革

会社沿革(テクノ高槻の歴史)

昭和22年4月
創業者川﨑 友正、大阪府高槻市において高槻電機製作所を創業
昭和26年2月
松下電器産業株式会社の協力工場の指定を受ける
昭和31年1月
株式会社組織に改め、株式会社高槻電機製作所を設立
昭和32年4月
大阪府寝屋川市に香里工場を開設
昭和36年1月
本社及び高槻工場を現在地に移転・拡張
昭和36年10月
滋賀県蒲生郡日野町に日野工場を開設
昭和40年9月
小型電動機製造事業者の通産省登録認可を受ける
昭和42年1月
滋賀県高島郡安曇川町に高島工場を開設
昭和42年2月
交流電動機等応用機器類製造事業者の通産省登録認可を受ける
昭和47年10月
浄化槽用エアーポンプを開発し松下電工株式会社と共同で量産体制に入る
昭和51年10月
自社商品ブランド「HIBLOW」誕生
昭和54年12月
川﨑 望、代表取締役社長に就任
昭和61年7月
東京営業所を東京都千代田区神田に開設
昭和62年10月
本社及び高槻工場の新社屋竣工
昭和62年12月
資本金1,700万円に増資する
会社沿革:ページトップへ戻る
昭和63年6月
資本金3,400万円に増資する
平成3年4月
東京営業所を東京都町田市に移転
平成5年1月
創業45周年を機にCIを導入
社名を株式会社テクノ高槻に改める
平成5年3月
資本金4,760万円に増資
平成5年6月
韓国ソウル市に株式会社コーリアタカツキを設立
平成5年7月
高島工場の新工場竣工
平成7年12月
コーリアタカツキを仁川に移転・拡張
本社・高槻工場にて「ISO9001」認証取得
平成8年10月
フィリピンテクノタカツキ設立
ハイブロー生産300万台達成
平成9年4月
創業50周年を迎える
平成10年1月
資本金7,760万円に増資
平成11年4月
日野工場・高島工場にて「ISO9002」認証取得
平成12年10月
本社・国内全工場(サイト)にて「ISO14001」認証取得
平成12年11月
松下電器産業株式会社へのモータ供給終結
国内製造拠点を日野工場に集約
平成13年2月
デンタルケアー商品「ハニーブレス」販売開始
平成13年11月
本社・日野工場にて「ISO9001:2000年版」への移行
会社沿革:ページトップへ戻る
平成14年1月
アメリカ営業拠点「HIBLOW USA INC.」を設立
フィリピンテクノタカツキ工場拡張
平成14年10月
ハイブロー生産600万台達成
平成15年4月
創業55周年を迎える
ヨーロッパ営業拠点「HIBLOW EUROPE Paris/Madrid」開設
平成16年12月
「HIBLOW PHILIPPINES INC.(HPI)」を設立
平成17年1月
ハイブロー生産700万台達成
平成17年2月
ヨーロッパ子会社の社名を「HIBLOW FRANCE S.A.S」および「HIBLOW SPAIN S.L.」へ変更
コーリアタカツキでの生産を終了し、販売拠点として社名を「HIBLOW KOREA INC.」に変更
平成17年8月
NEDOの家庭用燃料電池システム技術開発プロジェクトに参加
平成18年1月
ハイブロー生産800万台達成
平成18年2月
東京営業所を現在地に移転・拡張
平成19年1月
ハイブロー生産900万台達成
平成20年4月
創業60周年を迎える
平成20年12月
PTTIをHPIに統合
平成24年1月
日野工場を「日野事業所」と名称変更
「HIBLOW GREINWORTH CO., LTD.(蘇州嘉浄海風龍泵業有限公司)」設立
平成27年4月
ベトナムホーチミン市に「HIBLOW VIETNAM」を設立
会社沿革:ページトップへ戻る
 | ニュースリリース | サイトマップ | サイトのご利用にあたって |