このページではテクノ高槻の人気エアーポンプシリーズ『Cシリーズ』の特長や開発時のこだわり、強みをご紹介しております。

CシリーズエアーポンプのC-3BMとC-5BNの写真

Cシリーズとは

テクノ高槻では機器組込用の小型エアーエアーポンプとして空気を吐きだす吐出型のC-3BM、C-5BN、C-15Hと、
空気を吸って吐き出す吸排両用のCD-8Sがあり、これら4機種をまとめて「Cシリーズ」としています。

従来のエアーポンプは音がうるさく、エアーポンプ自体も大きく、その分コストがかかっていました。
そのため、Cシリーズ開発時には「小型」「低騒音」「低コスト」をコンセプトに開発が始まり、C型ヨークという構造(特許取得)を採用したことによりこのコンセプトをクリア、今では機器内部への組込部品として出荷開始した2001年から累計650万台以上(2018年末算出)の出荷実績と経験を持つ人気シリーズのエアーポンプです。

吐出型エアーポンプ

エアーポンプ C-3BM
C-3BM
テクノ高槻のラインナップで最小クラスの機器組込用小型エアーポンプ

エアーポンプ C-5BN
C-5BN
機器組込用の小型エアーポンプとして当社で出荷実績トップの人気エアーポンプ

エアーポンプC-1525
C-1525
C-5BNでは少し流量が足りない方にオススメな機器組込用小型エアーポンプ

エアーポンプ C-5BN
C-15H
C-5BNと同サイズで流量3倍のパワーを持つ機器組込用小型エアーポンプ

吸排両用型エアーポンプ

エアーポンプ CD-8S
CD-8S
テクノ高槻のラインナップで最小サイズの吸引タイプの小型エアーポンプ

開発時のこだわり

「小型」「低騒音」「低コスト」をコンセプトに掲げ開発をスタートしました。開発の中で課題となったのはエアーポンプ内部の部品点数です。

通常、エアーポンプが駆動するためのエンジン部分では約7点程の主要部品が使用されており、部品点数が多くなればエアーポンプ自体も大きくなり、その分コストも上がっていきます。
そこで部品点数を減らすため、エンジン部分で使用していたヨークをハウジングと一体化させるC型ヨーク(特許取得)の構造にたどり着き今のCシリーズの形が採用されました。

ヨーク(継鉄)
磁石は鉄と組み合わせて使用することで磁力が増し、性能が大きく向上します。ヨークはその磁石と組み合わせて使用される鉄のことを指します

このヨークは1枚の大きな鉄板を絞られて作られているため、組み立て時の部品点数の軽減や低コストに繋がっています。また、ほかにも様々な工夫で部品点数を軽減させることで小型化にもつながっています。

↓エアーポンプ断面図で見た磁路の動き

エアーポンプの内部 磁路の動き

Cシリーズの強み

Cシリーズには空気をヨーク全体で循環させる「内通型」とエアーポンプの一部のみ空気を循環させる「非内通型」のどちらかの構造を採用しており、お客様のご使用用途に合わせて構造を切り替えることが出来ます。

内通型はヨーク内部で空気を循環させることでエアーポンプの発熱を抑え、熱による劣化を軽減し長寿命化させる構造です。

一方で、非内通型はヨーク部分に空気が通らない構造になっています。吸い込んだエアーの流路をタンクとチャンバーに限定させることで気密性を高め吸引仕様を実現しています。

内通型エアーポンプ

内通型のエアーポンプ構造のイラスト
内通型のエアーポンプ
エアーをポンプ内部で循環しながら駆動するため、ポンプ内部の発熱を抑えることが出来ます。主要部品にはゴムを採用しているので発熱を抑えることで長寿命化が期待できる構造です。

非内通型エアーポンプ

非内通型のエアーポンプ構造のイラスト
非内通型のエアーポンプ
吸い込んだエアーの流路をタンクとチャンバーに限定させることで気密性を高め、吸引仕様を実現しています
※気体のご使用をご検討の場合は、ご相談ください

Cシリーズのまとめ

・Cシリーズは「小型」「低騒音」「低コスト」をコンセプトに開発されたエアーポンプシリーズです。

・独自の技術 C型ヨーク構造(特許取得)を採用することで、低コスト化と小型を実現しています。

・お客様のご使用用途に合わせて、内通型・非内通型の選択が可能です。

カスタマイズの実績も多数ございますので、お客様の筐体に合わせたポンプ設計をご提案させていただきます。
お気軽にお声がけください。

お気軽にお問合せください。072-684-0805受付時間 8:30-17:00
(土日祝日除く)

お問合せはこちら