ダイヤフラムポンプとは?

ダイヤフラムポンプ(ダイアフラムポンプ)とは膜ポンプと呼ばれる容積移送式ポンプの一種です。

「ダイヤフラム」は"横隔膜 (英語:diaphragm)"を意味しており、そのダイヤフラムを往復させることで流体を移送しています。
(ダイヤフラムの素材にはゴム、樹脂、金属などが使用されておりテクノ高槻ではゴムを採用しております。)

また、ダイヤフラムを往復運動させるための駆動源も様々でエアー駆動、油圧駆動、モーター駆動、電磁駆動などがあり、テクノ高槻では電磁駆動、モーター駆動のポンプを取り扱っております。

このページではその中でも電磁駆動のダイヤフラムポンプについての特長をご紹介しております。

電磁駆動式ダイヤフラムポンプの特長

ダイヤフラムポンプの特長 静音
低騒音
防音構造を主眼として設計されているため静かなポンプ作動音です
ダイヤフラムポンプの特長 長寿命
高耐久・長寿命
機械同士の摩擦による劣化や部品摩耗が無いので長期連続使用が可能です
ダイヤフラムポンプの特長 消費電力が低い
低消費電力・高効率
電磁振動構造で機械的摺動部がないため、消費電力は極めて低く高効率です
ダイヤフラムポンプの特長 優れた応答性
優れた応答性
流量・圧力共に微調整が可能なので、細かい設定が必要な精密機器にもお使いいただけます
ダイヤフラムポンプの特長 オイルフリー
オイルフリー
摺動部がないため給油の必要がなく、常にクリーンな吐出気体を得ることができます

電磁駆動式ダイヤフラムポンプの性能

下の図はファン、ロータリーベーンポンプ、モーター式ダイヤフラム、モーター式ピストンポンプと電磁駆動式ダイヤフラムポンプの性能を比較した性能分布図です。(当社調べ)

エアーポンプには様々な種類がありその中でダイヤフラムポンプは流量・圧力共にカバーできる範囲は小さい部類に属していますが、限られた性能範囲の中でダイヤフラムポンプの特長が発揮されています。例えば少ない流量でも細かな調整が簡単に出来ることや、高効率で高寿命という特長から医療機器や中型産業機器などの内部部品のエアーポンプとしてダイヤフラムポンプが使用されています。

ダイヤフラムポンプの性能分布図

HIBLOWエアーポンプとは?